【Cocos Creator】v1.1.2リリース!変更点まとめ

【Cocos Creator】v1.1.2リリース!変更点まとめ

cocos2d-x向け統合開発環境「Cocos Creator」のバージョン1.1.2が、7/12にリリースされました。前回の1.1.1に引き続き、今回も多数の修正がありました。変更点の内容を中心に、リリース情報をまとめていきたいと思います。

ダウンロード

cocos2d-xのダウンロードページから、最新版のダウンロードができます。
下記ページの「Cocos Creator V1.1.2」をクリックします。
Download Cocos2d-x, Cocos Creator and Cocos | Cocos2d-x

変更点

情報元はCocos2d-xの開発者ブログです。
Cocos Creator v1.1.2 released! | Cocos2d-x Developer Blog
以下、変更点の一覧になります。

Editor

  • [Editor] Webプラットフォームでビルドするとき、JSONファイルをアセットにマージします。アセットのダウンロード要求は、一般的に50%低下します。現在、複数のシーン間で共有アセットが付加的にマージされます。(assetAとassetBがsceneCとsceneD、assetAとassetBの両方によって参照される場合は、1つのJSONにマージされます)
  • [Editor] ユーザースクリプトのコンパイルエラーをしているとき「プレビュー」ボタンを無効にします。すべてのエラーが解決されるとエラーログがコンソールにクリアされます。
  • [Editor] Squirrel.Windowsのインストーラフレームワークを削除しました。新しいインストーラは、インストール先を指定し、チェックの更新頻度を設定することができます。
  • [Editor] 複数のシーンでspriteFrameを置き換えるとき、spriteFrameアトラスの置き換えで参照エラーが発生する可能性があるのを修正しました。
  • [Scene] いくつかのノードをマルチ選択し、矢印キーでそれらを移動したとき、その距離が間違って取得されることがある問題を修正しました。
  • [Component] 追加コンポーネントメニューのプロパティパネルは、現在アルファベット順にソートします。
  • [Importer] 「Cocos Studio」または「Cocos Builder」のプロジェクトをインポートしたとき、テキストのないボタンはラベル・ノードを作成しません。
  • [Importer] 古いバージョンの「Cocos Studio」からインポートしたとき、アニメーションデータを失う可能性がある問題を修正しました。
  • [Importer] 「Cocos Studio / Cocos Builder」プロジェクトのインポート時に、ビットマップフォントコンポーネントのlineHeightが誤った値になる問題を修正しました。
  • [Build] ネイティブビルドのプロセスがフリーズして失敗することがある問題を修正しました。
  • [Build] Chromeブラウザでのプレビューが、SourceMapエラーの解析に失敗する原因となることがある問題を修正しました。
  • [Build] 「Build Failed: Error: TypeError:」の関数ではないとき、空のプロジェクトをビルドすることがある問題を修正しました。
  • [Prefab] メインメニュー項目ノードのプリセットを追加しました。プレハブアセットへのノードのリンクを破るために普通のノードに変換します。
  • [Prefab] プレハブ編集モードで、「保存」ボタンのクリックが機能しない場合がある問題を修正しました。
  • [Animation] アニメーション最終フレームのイベントコールバックで、ノードの不透明度を設定時に失敗することがある問題を修正しました。
  • [Animation] 削除アニメーションイベントが失敗することがある問題を修正しました。
  • [Assets] アトラスとTTFのアセットは、プロジェクトを開いたときに再インポートされる可能性がある問題を修正しました。
  • [Assets] 参照したspriteFrameアセットが移動したときに、スプライトが正しくレンダリングされない問題を修正しました。
  • [Assets] テクスチャアセットサムネイルは、ときにテクスチャコンテンツの変更を更新していない問題を修正しました。
  • [Assets] 新しいプロジェクトで10000+のアセットをインポートするとき、エディタがフリーズを引き起こす可能性があるエラー問題を修正しました。
  • [Assets] エディタを閉じた後にアセットを移動したとき、アセットが正しくインポートされない場合がある問題を修正しました。
  • [Assets] ユーザが対応するメタファイルを更新せずにアセットを移動したとき、警告ダイアログを追加しました。
  • [Assets] 編集者のアセットパネルにファイルシステムから同じ名前のアセットをドラッグするとき、アセット確認ダイアログの置き換えを追加しました。

Engine

  • [Render] 親ノードの不透明度を0に設定するとき、子ノードが非アクティブに設定されると、再アクティベート時に子ノードがレンダリングされない可能性がある問題を修正しました。
  • [Engine] シミュレータは、Mac OS 10.11上でHTTPリクエストを送信することができない問題を修正しました。
  • [Engine] VS Codeのデバッグネイティブが、Mac上で失敗する問題を修正しました。
  • [Engine] cc.followのアクション結果が間違った座標になる問題を修正しました。
  • [Engine] cc.Label.stringにboolean型の値を代入すると、エラーメッセージを追加します。
  • [Engine] cc.game.addPersistRootNode APIは、ネイティブプラットフォームで正しく動作しない場合がある問題を修正しました。
  • [Engine] シーンの切り替え時に画面のちらつきを修正しました。
  • [Engine] シーンを再入力するときに、スクリプトの初期化が失敗することがある問題を修正しました。
  • [Engine] シーン内のプレハブアセットをロードするときに、無限のアセット要求を引き起こす可能性がある問題を修正しました。
  • [Engine] ゲームがAndroidのOS上で実行されている場合、仮想ボタンはゲームが起動時、非表示になります。
  • [Engine] 繰り返し回数が6回以上のとき、cc.repeatアクションが誤ってカウントされるのを修正しました。
  • [JSB] cc.followは、JSBネイティブプラットフォームでエラーが発生することがあったのを修正しました。
  • [JSB] scheduler.isScheduled()が、JSBで実装されていない問題を修正しました。
  • [JSB] _errorHandlerは、正当な理由なしにコンソールでエラーが見つからないと報告する問題を修正しました。
  • [JSB] setMargin APIが、LabelOutlineのためのJSBで実装されていない問題を修正しました。
  • [Audio] オーディオアセットをiOSのブラウザでロードするのに、非常に長い時間がかかる問題を修正しました。
  • [Audio] 巻き戻しAPIがAudioSourceコンポーネントのために働いていない問題を修正しました。

Component

  • [Label] オーバーフローを縮小するように設定したとき、フォントサイズやラベルのテキストが正しく計算されない流れになる問題を修正しました。
  • [Label] 合計の文字がラベル・ノードの幅よりも小さい幅の際、ビットマップフォントのラベルについては、文字のラップモードが有効になります。
  • [Label] システムフォントのオーバーフローが正しく計算されない問題を修正しました。
  • [ScrollView] ScrollView内のボタンは、ホバー状態でとどまることがある問題を修正しました。
  • [ScrollView] 登録した「touchend, touchcancel」イベントが、ScrollViewノード上で正しくトリガしない場合がある問題を修正しました。
  • [ScrollView] DisableのScrollViewノードは、現在スクロールを停止するようになりました。
  • [EditBox] Androidのシステム問題にTTFフォントアセットを使用して修正し、すべて小文字の形式を追加しました。
  • [EditBox] setVisibleを呼び出したとき、キーボードがポップされる問題を修正しました。
  • [EditBox] モバイルブラウザのEditBoxは、ポップキーボードを2度クリックする必要がある問題を修正しました。
  • [EditBox] EditBoxがScrollViewでクリックできない問題を修正しました。
  • [Layout] 変更した子ノードは、アクティブプロパティが無しのモード時に、正しいバウンディングボックスのサイズを取得できない問題を修正しました。
  • [Layout] 子ノードを追加するときに、レイアウトして削除を行うと、削除イベントが正しく応答しない問題を修正しました。
  • [Button] ボタンのための相互作用プロパティを切り替えると、通常及び無効状態のspriteFrameは更新されない問題を修正しました。
  • [Collider] コライダーを無効にすると、明確なデバッグドローをしない問題を修正しました。
  • [MotionStreak] AndroidブラウザでのMotionStreak互換性を改良しました。
  • [Tilemap] TiledMapでは、WebGLプラットフォームで途中レンダリング可能な問題を修正しました。
  • [Tilemap] SGTiledLayerは、Webとネイティブ実装で一貫性のないAPIがある問題を修正しました。
  • [Tilemap] TMXファイルは、テクスチャファイルの同じ位置にないときにタイルマップが正しく表示されない可能性がある問題を修正しました。
  • [Spine] getCurrent()が、JSPネイティブプラットフォームで無限ループが発生することがある問題を修正しました。現在再生中のトラックをフェッチするspine.getCurrent()を使用してください。
  • [Mask] マスクされたノードが、タッチイベントを受け取ることができる問題を修正しました。
  • [Mask] 無効マスクコンポーネントが、タッチイベントから子ノードをブロックすることができる問題を修正しました。

まとめ

Cocos Creatorのバージョン1.1.2アップデート情報をまとめました。
相変わらず短期間で多くの更新がされていて期待感が持てます。
しばらくはCocos Creatorの更新情報を追うのが楽しみになりそうです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です