【C#,WPF】最大化・最小化・閉じるボタンの非表示設定

【C#,WPF】最大化・最小化・閉じるボタンの非表示設定

WPFでウィンドウを作成している際に、右上の最大化・最小化・閉じるボタンを非表示にしたいときがあります。タイトルバーごと非表示にするには、Windowの「WindowStyle」プロパティを「None」にすればいいですが、今回はタイトルバーを残しつつボタンのみを非表示にする方法を解説します。

サンプルコード(XAML)

サンプルコード(C#)

非表示設定のサンプルコード解説

サンプルの重要な箇所は、MainWindow.xaml.csの13〜33行目、「#region 」で囲んだ部分です。
ここを丸ごとウィンドウのクラス内に追加することで、最大化・最小化・閉じるボタンが非表示となります。
また、これらの処理は「System.Runtime.InteropServices」「System.Windows.Interop」の参照が必要なので、csファイルの先頭(3~4行目)でusingしています。

非表示設定のサンプルプロジェクト

GitHubに今回のサンプルプロジェクト一式をアップロードしています。
GitHub – Kuwayoshi/WindowMenuButtonHidden
実際に動かして確認したい方などは、上記ページからダウンロードしてください。

まとめ:タイトルバーを残しつつボタンのみを非表示に設定

タイトルバーを表示しつつ、右上のボタンを非表示にする方法を紹介しました。
「最大化・最小化・閉じるなどの動作を禁止したいけど、タイトルバーのドラッグによるウィンドウ移動は残したい」といったときなどに、ご活用ください。


スポンサーリンク

2 thoughts on “【C#,WPF】最大化・最小化・閉じるボタンの非表示設定

  1. ピンバック: WPFアプリでタイトルバーの最小化、最大化、閉じるを消す方法 | 生涯エンジニア宣言

  2. ピンバック: WPF 閉じるボタンのみを非表示にしたウィンドウの作り方 | コーヒー飲みながら仕事したい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください