Macでドラクエ10のブラウザ版をやってみた感想

Macでドラクエ10のブラウザ版をやってみた感想

以前からプレイしていたドラクエ10ですが、先日ブラウザ版のリリースが発表されました。これはいよいよMacでもドラクエがプレイできるようになったかと思い、早速ブラウザ版を遊んでみたので、処理速度や操作性といった感想をまとめていきます。

ブラウザ版の動作環境

今回ブラウザ版を試したMacのスペックは、以下の通りです。

  • 機種:MacBook Pro 13-inch
  • OS:macOS Catalina
  • CPU:2.3 GHz デュアルコアIntel Core i5
  • メモリ:8 GB 2133 MHz LPDDR3
  • GPU:Intel Iris Plus Graphics 640 1536 MB

ブラウザは、SafariとGoogle Chromeで試しました。

ドラクエ10の起動

冒険者の広場に「ブラウザ版でプレイする」というボタンがあるので、そちらからブラウザ版を起動します。
一応リンクも貼っておきます。(以下のページをブックマークしておくと便利です)
ドラゴンクエストX オンライン

処理速度や操作性

実際ドラクエ10を遊んでみた感想ですが、処理速度はPC版やSwitch版と比べると遅いです。
普通に遊ぶことは出来るものの時折ラグを感じる場面があるので、一時の動作が命取りになるようなハイエンドコンテンツには不向きです。
ブラウザ版は「クラウドゲーム技術」を使用してサーバー側でゲームを動作させており、ブラウザでは処理結果を動画としてストリーミング再生しているため、音や映像の通信量が多くなりラグの原因になっています。

操作性は一応マウスとキーボードで遊べるようにはなっているものの、緻密な操作は難しかったので、バトルする場合は後述するゲームパッドを使用した方が良いです。
チャットや日課など、アクション性を要求されないコンテンツであれば、ブラウザだけで手軽に遊べるので便利だと感じました。
今回は詳しく取り上げませんが、スマートフォンやタブレット(iPhone・iPadで確認)でも遊べたので、端末を選ばずにどこでも遊べるところがブラウザ版のメリットとなりそうです。

ゲームパッド(コントローラー)を使う

Macにゲームパッド(コントローラー)を接続することで、ドラクエ10のブラウザ版がより快適に遊べます。
ゲームパッドは、Xbox 360のコントローラーを使いました。
Amazon | マイクロソフト ゲームコントローラー 有線/Xbox/Windows対応 ブラック Xbox360 Controller for Windows 52A-00006 | マイクロソフト | パソコン・周辺機器 通販

Xbox 360のコントローラーをMacで使用する場合は、別途ドライバのインストールが必要なので、以下のページから「360Controller」をダウンロードします。
Releases · 360Controller/360Controller · GitHub

最新バージョンのdmgをダウンロードし、インストーラ(pkg)を起動して、画面の指示に従いインストールを完了します。
インストール完了後にMacを再起動し、コントローラーを有線(USB)接続すると、Macの「システム環境設定」の「Xbox 360 Controllers」に接続したコントローラーが検出されます。
これでブラウザ版のドラクエ10を起動すると、コントローラーが反応するようになります。

肝心の操作感ですがGoogle Chromeを使用した場合は、ボタン配置などの特別な設定をしなくても、PC版と同じ操作で使うことが出来ました。
Safariを使用した場合は、ボタンの配置が変わってしまい、上手く操作出来ませんでした。
ゲームパッドを導入すると、マウス操作よりも格段に使い勝手が良くなるのでオススメです。

まとめ:ブラウザ版を使えばMacでもドラクエ10が遊べる

Macでドラクエ10のブラウザ版を遊んだ感想をまとめてみました。
処理速度や操作感に制限はあるものの、ライトな遊び方をする分には、ブラウザ版は中々便利だと思いました。
ブラウザさえあれば、端末やOSを選ばずにプレイできるのは、とても可能性を感じますね。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください