【C#】DataTableにダミーデータを作成して表示する

【C#】DataTableにダミーデータを作成して表示する

データテーブルを生成して画面に表示する際に、実データがまだ準備できていない状況で、先に画面の見た目を確認したいときがあります。
そんなときはダミーデータを作成して、仮のレコードでの確認をするのが便利です。
今回は、コードでサクッとダミーデータを作る方法を紹介します。

コード説明

5行目の「string[] columns」により、列名の一覧を指定します。
それを、6行目の「Columns.AddRange」により、データテーブルの列として設定しています。
9〜11行目では表示するダミーデータを作成しています。
「Rows.Add」の引数には、事前に設定した列と関連付く値を指定します。

// データテーブル生成
DataTable table = new DataTable();

// カラム設定
string[] columns = { "id", "name", "memo" };
table.Columns.AddRange(columns.Select(n => new DataColumn(n)).ToArray());

// ダミーデータ追加
table.Rows.Add("id1", "name1", "memo1");
table.Rows.Add("id2", "name2", "memo2");
table.Rows.Add("id3", "name3", "memo3");

まとめ

データテーブルのダミーデータを作成して表示する方法をまとめました。
今回の例では、「”id”>”name”>”memo”」の順に、値を指定しています。
データテーブルの見た目を確認するときは、こういったコードをテンプレ化しておき、コピペで使い回すと手早いです。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください